中国で話題のショート動画アプリKuaishou(快手)の有名なアカウント5つ厳選して魅力を考察してみた。

Kuaishou(快手)とは?

今回は中国のショート動画及びライブ配信に特化するSNS型のアプリKuaishouを紹介する。Kuaishouとは、2011年にGIF KuaishouとしてGIFアニメ関連のサービスを提供し始めた。2012年、ショート動画サービスのモデルへ転換し、すぐに人気が拡大した。その後、Kuaiという名前で海外事業も展開している。7秒から57秒までの動画の投稿、いいねやハッシュタグなどSNSに似たような機能を提供しているアプリなので、ユーザ数が年々増加している。2019に、Kuaishouのライブストリーミング収益が中国で最大のシェアを占めている。

Kuaishou(快手)公式HP↓

https://www.kuaishou.com/

Kuaishou(快手)で有名なアカウントを5つとその魅力!

1.散打哥

https://v.kuaishou.com/9lKluo

 アカウント名:散打哥

 カテゴリー:日常生活

 フォロワー数:5077.4万

 投稿内容:ショート動画とライブ配信が中心である。創業、就職、家庭、恋愛、育児などに関する内容を投稿している。また、自分の書いた脚本に基づいてお笑い動画を作っている。毎日21時にライブ配信を行う。

 魅力:「散打哥」は、視聴者のことに共感する努力をしている。人々の日常生活から出てくるごく普通なことや問題に気づき、それらをピックアップして自分の視点と大衆の視点を融合し、動画で再現している。このことにより、視聴者が日常で同じように経験したことがあれば、自分が理解されているように感じるため、好評である。

2.MC吴迪


https://v.kuaishou.com/7iezMJ

 アカウント名:MC吴迪

 カテゴリー:音楽

 フォロワー数:3290.5万

 投稿内容:ショート動画を中心にしている。音楽作品を投稿しており、カバーソング、オリジナル作品、ミュージックビデオなどを製作している。

魅力:MC吴迪は、オリジナルにこだわり、音楽を通して生活への情熱が表している。好きな曲のカバー以外に、経験したこと、友達との思い出、社会事件などが彼の音楽から伝えられる。音楽というもので生活を有意義にし、本当の自分になれるという理念を伝えている。

3.快手小伊伊


https://v.kuaishou.com/5vRTeO

 アカウント名:快手小伊伊

 カテゴリー:ダンス

 フォロワー数:3639.2万

 投稿内容:ライブ配信中心のアカウントである。ダンスを中心に、特にKPOPダンスや中国の民族ダンスに関して配信している。毎日19時16分でライブ配信を行う。

 魅力:「快手小伊伊」は、自分の才能に合わせ、アイドル文化、特にKPOPアイドルが好きな人たちをターゲットにした。中国では、十数年前から韓流文化が大変人気になって、その中、特に韓国アイドルがたくさん愛され、ダンスカバーも流行になってきた。このアカウントの運営者は、ダンス学校から卒業し、専門を発揮しながら特徴のあるターゲットを注目しているので、一定的数である視聴者群体に愛されている。

4.大胃王猫妹妹


https://v.kuaishou.com/9ejCsR

 アカウント名:大胃王猫妹妹

 カテゴリー:グルメ

 フォロワー数:3108.9万

 投稿内容:ショート動画とライブ配信が中心である。大食いをテーマとして、デリバリーのグルメ、自炊や食料品推薦などに関して投稿している。毎日21時にライブ配信をし、定期的にライブコマースも行ってあらゆるの商品販売をしている。

 魅力:「大胃王猫妹妹」は、食べたいけどそれほどできない人々の憧れが実現できる。大食いの同時に、よい見た目で美味しい料理、またはネット上の人気フ-ドを食べることにより、グルメにおいての満足感を人々に伝えている。

5.张二嫂


https://v.kuaishou.com/7fbtZU

 アカウント名:张二嫂

 カテゴリー:お笑い

 フォロワー数:3163.4万

 投稿内容:ショート動画とライブ配信が主な形である。主に家族全員を主人公にしてお笑い動画をアップしている。また、日常生活やオリジナル音楽に関する内容も投稿している。毎日20時にライブ配信を行う。

  魅力:「张二嫂」は視聴者の他人への好奇心を満足し、お笑いで視聴者のストレスを解消することに力を入れた。視聴者として毎日変わらない生活を送っており、自分への不満が増えていき、他人への好奇心が強くなり、面白いことでストレスを解消することが必要である。したがって、このアカウントは、自分の生活をお笑いの形で視聴者に見せ、リラックスさせることができる。

Z世代中国人が考える、有名アカウント運用法から真似すべきこと

ユーザに共感すること。

 長く愛されるようになりたいなら、消費者の感覚を考えなければならない。企業が消費者に共感していくことにより、消費者の心理や感情を理解していることが感じられる、良い印象を残しやすい。

特定のターゲットに注目すること。

 広い範囲内の消費者ではなく、自社の特徴、あるいは発揮できる点に応じてより強い効果が出せることを考えながら、最も適切なターゲットを確定ことが、顧客層の基盤となれる。

インフルエンサーとの協力に力を入れること。

 広告などの宣伝と合わせて、定期的に数多くのファンを持っているインフルエンサーとライブコマ-スなどの形で、顧客に発見される機会を増やせる。

まとめ

 ビデオアカウントとしてはユーザーの心をつかむために、お互いのコミュニケ-ション、いわゆる相手の感情を理解すること、自分と一番適合するターゲットに加えて、多様な協力による力を借りて、段々インターネットを超える信頼関係を維持していくことが不可欠である。企業としても、このように共感、特定ターゲット、協力に注目していくと、一歩前に進めることは可能ではないでしょうか。

文章作成で参考にしたサイト

https://globalize.lifepepper.co.jp/kuaishou/

https://honichi.com/news/2018/12/27/kuaishou/

http://www.ibagua.com.cn/top/kuaishou_top.html

  1. この記事へのコメントはありません。